翔龍への未知。

日々感じたことを思いのままゆるーく気ままに綴ります。よろしくお願いします。

国際送金と外国人受け入れ、帰化、永住権。

たまには。

真面目な話も。

政府は外国人労働者の受け入れに舵を切った。

単純労働部門では、暫定で4万人規模らしい。

暫定とはいえ、恐怖でしかない。

このニュース。

少し前の外国人受け入れの方向性。

観光国に向けての方向性。

IR法案可決に関わる方向性。

その本当の意味。

その本質を理解している人はどれくらいいるのか?

4万人規模の外国人受け入れ。

ってことは。

簡単に言えば。

4万人の日本人労働者がはじかれるってこと。

切り口を変えて。

労働意欲ではどうか?

日本人は負けると思う。

日本で働きたいと考える外国人はたくさんいる。

モチベーションも相当なものだ。

では。

外国人受け入れをした日本企業はどうか?

まずは、大義名分として。

国際化グローバル化を前面に押し出したマーケティングができる。

補助金の支給なんかもある。

政府から補助金が出ることをみても、政府は外国人労働者の労働力が欲しいのだろう。

では、現場では何が起こるか?

外国人労働者を管理しコントロールするスキルがある人が管理者としてのしあがっていく。

東京オリンピックの開催年では、コンビニでも英語による接客が求められる。

当然、話せないなら選考にはじかれる。

政府の狙い。

外国人労働者を受け入れ。

IR法案による、大人の社交場。

カジノ、ディスコ、飲食店を取り揃えた場所。

そこに外国人観光客を集めて遊んでもらい、お土産と観光地巡りをしてもらうのだ。

外国人受け入れにより。

日本で働く外国人が増える。

しかし。

それにより経済効果があるかはまた別問題だ。

外国人の多くは、祖国に生活費を送るからだ。

外国人が労働して、得たサラリーを日本で使えば経済効果がある。

お金が日本でまわるからだ。

しかし。

国際送金をするのだ。

高いモチベーション。

高い労働意欲の裏側には。

祖国に生活費を送りたいという強い気持ちがあるからだ。

僕の家庭でも定期的に国際送金をする。

それが当たり前なのだ。

外国人の夢の切符みたいな永住権。

国籍を変え、日本のパスポートを持つ帰化

どちらも外国人が望む場合が多いんだよね。

国際結婚もますます加速していく。

嫁さんの現地の家族。

調子が良くなくてオペになるみたい。

とにかく、少しでも痛みが和らぎますように。

毎日祈ります。

 

まだまだゆるーく逝きます(^ー^)