翔龍への未知。

日々感じたことを思いのままゆるーく気ままに綴ります。よろしくお願いします。

男性を感じる瞬間、女性を感じる瞬間。

季節は春へと着実に進む。
卒業式も終わり。
これも終わり。
あとは。
春休み。
年度末。
花見。
引っ越しラッシュ。
人事異動ラッシュ。
飲み会ラッシュでもあります。

ジャケットやコートを脱ぎ捨て。
春らしい装いに。

隠れていたからわかりにくく、気づかないものも。
ジャケットやコートを脱ぎ捨てるとわかってしまう。

男性目線で言えば。
ふっくらした胸の膨らみ。
二の腕が太かったり。
コートで隠れていたボディラインがわかる。

二の腕って。
なかなか見えないけど。

花見などのバーベキューなどで腕まくりしてわかる太い二の腕。
きゅんとしてしまう男性陣たくさんいる。
ポイントは守ってあげたいと、助けてあげたいという男性の気持ちをくすぐるとよいですね。

女性目線だとたくましい胸板とか、筋肉質な体つきとか。

汗をかきながら、バーベキューの焼き担当とか買い出しとかしてる姿にきゅんとくるはず。

男性はさ、やっぱり頼られたい生き物だと改めて感じる。

ビールの空き缶のプルタブも、爪が割れちゃうから空けてとか。
シャンパンやワインのコルクや栓を開けれないふりをして、うまく開けれないの。
どうすればいい?
できる?
なんて。
できても、できない芝居をする女性には。
男性陣弱いよ。
よるの夜桜。
トイレまで、怖いからついてきて。
そんな、小さな芝居をする女性。
男性は芝居とわかっていても。
イヤな気持ちはしないはず。

些細なことからドラマは始まるからね。

もちろん。
魔女や、触り魔。
キス魔なんかもあるから。

男性陣気をつけて。
花見のシーズンまであとすこし。

僕も、ダークサイドに堕ちないように。
目配り気配りします。

年度末近いから、バタバタするよ。

今日もお読みいただきありがとうございました。

まだまだゆるーく逝きます(^^)