翔龍への未知。

日々感じたことを思いのままゆるーく気ままに綴ります。よろしくお願いします。

今日は休みっす(^^)2。

軽くランチをしてぶらぶらしたあと。
続きです。

あそこにいきたい。
ここがいい。
など。
日ごろ家族を置き去りにしてるせいか。
いろんなリクエストが飛んでくる。
もちろん全て叶えることは難しくて。
僕の眠気や疲れ具合。
残り時間。
チビの様子。
もちろん出かければいろんな出費をする。
嫁さんの顔色を伺いながら。
まずは絶対不可能なことを排除していく。
排除っていっても。
排除する理由を話しながら。
穏便に速やかに排除をすすめる。
ミーティングに時間はかけれないからね。
結果。
日没からの夜景をみるために程よいドライブと決まりました。
チビも少しずついろんなことを判断したり、考えたりするようになってきた。
だからこそ。
1日の移り変わりを。
体全体で体感して欲しいのだ。
まだまだチビだから。
夜=寝る
みたいな意識だから。
街も世の中も夜につれて様々な表情を見せるのだとわかって欲しいのだ。
もちろんリスクもある。
まだまだ見せたくないオトナの欲やあま〜いスキンシップに遭遇したり、ナンパしてる場面に遭遇したりするかもしれない。
しかしながら。
日没からよりに移り変わる街の表情。
何よりも。
灯りがあるから、夜も活動できることのありがたさ。
夜の灯りを点すそのもとには。
夜もお仕事を一生懸命してるひとがいるんだっていうこと。
灯りには暖かい包み込まれる暖かい灯り。
無機質な灯り。
いろんな灯りがあること。
口で説明するよりも、チビに見せて何かを感じて欲しいからなんだよね。
家族で出かける喜び。
家族の暖かさ。
いろんなこと伝えたくて。
真冬のが、夜景やイルミネーション綺麗なんだろうけど。
寒すぎて夜景どころじゃないからね。
また、単純に嫁さんと夜景見たり、星空を眺めたいって思ったからなんだよね。
夜景をみるために。
スマホ駆使して、調べたり。
ナビを設定したり。
BGMをチョイスしたり。
チビが帰り道車で寝てしまうだろうから。
枕と軽めの毛布を積み込んだり。
時間的な制約があるから。
弁当ってわけにはいかないから。
スーパーに寄り道して。
飲み物や、お菓子を準備したり。
それはそれで、忙しいけれども。
バタバタするけれども。
チビには直前まで僕が休みなことは伝えてないから。
単純に。
一緒に出かけるってだけで喜んでいた。
ディナーは。
帰宅時間が早ければ。
スーパーに再度買い物して調理できるように。
炊飯器のスイッチをタイマーでセットだけして。
外食になれば。
タイマーで出来上がったごはんを朝食にまわしは手はずにして。
チビの習い事の送迎のときにかけてるCDとは違うものを選び。
ゴミ袋とティッシュを積みスタート。
まずは、コンビニへ。
車内の空き缶などを捨てコーヒーとガムを。
夕暮れの黄昏時に現地につければいい。
もしくは、現地付近にいればいいから。
ゆったりとした気持ちでハンドルを握る。
店にきて、慣れないホンダ車しか空いてないから。
ゆったりと且つ慎重に。
ハンドルを握る。
高速は使わず。
下道にて。
チビには、たくさんの働いてる車がいることも肌で感じて欲しい。
スマホでゲームしながら。
時折窓の外を眺めてる。
チビは眺めながら何を感じてくれてるのか?
ナビシートの嫁さん心地よい夢の中。
嫁さんに気を使いながら。
BGMの音量を少し絞り、僕も日ごろ見逃している風景や景色を堪能する。
いつしか、国道沿いのラブホ街を抜けていく。
若い頃、自転車でラブホに行っていた。
ガレージ式。
自転車をガレージに停める。
共用パーキング、立体式のパーキングだと自転車は困った。
立体式しかないなら。
はじめのうちは。
少し離れた場所に2台とめて。
歩いていた。
いろんなことを思い出しながら。
ラブホ街をやり過ごす。
嫁さんが起きていて。
最近Hotelいってないね〜。
また行こう。
大きいお風呂に一緒に入りたいから。
チビが学校いっている時間にゆっくりしたいね。
そんなこと言われた。
わいるどだろ?(^^)
スキンシップじゃないんかい。
みたいな。
しかし。
寄り添いたいと思ってもらえてるだけで嬉しいんだけどね。
これからのことを話したり。
チビを交えてサンタへのクリスマスプレゼントのお願いは何にしようか?話したり。
穏やかにいろいろコミニケーション。
チビの本音。
チビの気持ち。
チビの希望。
チビの話したいこと。
じっくり耳を傾ける。
嫁さんの本音。
嫁さんの気持ち。
嫁さんの希望。
嫁さんが僕に伝えたいこと。
じっくり耳を傾ける。
連れ出すことの効果。
たくさんある。
トイレ休憩で道の駅。
ぶらぶら嫁さんとチビと手をつなぐ。
チビが何かを見つけて、発見したりして僕らを呼ぶ。
嫁さんとベタベタ寄り添いながら。
チビのところに。
発見したことに耳を傾ける。
目が表情がキラキラするチビ。
穏やかな表情の嫁さん。
家族っていいよね。
ホッコリする。
嫁さんのスマホに収める写真のカメラマンをしたり取り方を一緒に考えたり。
チビも自分で撮りたいと手が横から伸びる。
順番にと話しながら付き合う。
夜景をもし見れなくても僕は素朴なことで満足なんだよね。
お菓子を食べ比べしたり。
道沿いのお店を飛び込みで探索したり。
そうこうしてるうちに日没からの夜。
現地付近到着。
きれいな夜景。
きれいな星空。
ちょっぴり寒いけど。
快適な夜景。
やはり、ナンパ待ちの車に遭遇したり。
ナンパ最中の若者に遭遇したり。
ベタベタしてるアベックに遭遇したり。
草食化してるなんてネットではよく目にするけど。
評論家が勝手に書いてるだけだという気がする。
世の中のアベックがちゃんと寄り添い家庭を作れば少子化に歯止めかかるのだろうか?
考えたり。
ぶらぶら探索して。
歩いていたら。
お腹すいたーってなり。
時間的な制約から。
やはり外食に。
家族サービスの締めは。
ラーメン専門店に。
チビがいるから。
現地について、店の人に断られたら他行こうと話し。
ハンドルを握り。
ラーメン専門店へ。
ラーメン専門店の大将に確認してから入店。
券売機でチケットを買う。
チビも食べれるものを嫁さんと吟味。
僕は辛めのラーメン。
嫁さんは醤油ラーメン。
お腹すいてるから。
トッピングは全部のせ。
大将は一杯一杯。
丁寧に素早く作る。
カウンターしかないから。
大将の手さばきがお客様に丸見え。
だからこそ。
見せるのも腕の見せ所。
チェーン店とは違う。
一杯一杯の作業。
お客様にラーメンの希望を聞きながら。
なおかつ、1番美味しいものを提供したいと気迫が伝わる。
嫁さんもチビも。
サイドメニューのウマ唐揚げ2種類をも完食。
僕は辛めのラーメンの中に旨い要素がある、辛いラーメンを完食。
スープが程よい辛さで。
ほぼ飲んでしまった。
職人の大将。
素晴らしい。
帰宅するハンドルを握りながら。
嫁さんめチビも睡魔に。
帰宅してチビのを部屋に。
嫁さんを起こし。
やっと自分時間になると思いながら。
しかし。
しかし。
チビ寝たから。
久しぶりにドンキホーテ行きたいと言われて。
再びコーヒー飲みながらハンドル握り嫁さんとドンキホーテへ。
行ったことない地域のドンキホーテへ。
結局ドンキホーテはしご2店。
免税扱いにするためのカウンターにひとが並んでいて。
ドンキホーテも日本の経済効果に貢献してると実感しながら。
嫁さんとベタベタ寄り添いながら、部屋の芳香剤や箱洗剤などをぶらぶら購入。
手早く戻り。
チビの部屋の様子をみる。
チビは夢の中。
嫁さんも睡魔に襲われパジャマに着替えないまま爆睡。
僕はコンビニで、コーヒーブレイクのスナックとフィッシュバーガーを買い。
ゆっくりしながら、ゲームしてBlogを斜め読み。
チビの明日の準備して。
最後は動画サイトみながら仮眠。
嫁さんは寝過ごしたみたいで、朝8時半に夢の中から起こされたよ。
わいるどだろ?
結局。
起こされたあとは、少ししか眠れず。
勤務してます。

今日はゆっくり寝たい。

あと少しの勤務時間。
ゆるーく逝きます。

まだまだゆるーく逝きます。