読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

翔龍への未知。

日々感じたことを思いのままゆるーく気ままに綴ります。よろしくお願いします。

人のふり見て我がふり直せ。

昨日。
お客様を駅まで送っていくことになりました。
高校生のはずもしくは高校卒業くらいの娘さんも合流して。
お客様と僕は話ができてる。
しかし。
娘さんは明らかにあいのりなわけで。
乗り込むときに。
無言にて乗車。
降りるときも無言。

別に若い子に常識なんて押し付けるつもりはない。
しかし。
こんにちは。
お願いします。
ありがとうございました。
くらいは。
できる娘さんであると。
若々しさが伝わる。
いわゆる覇気や元気がないのだ。
さみしい。
世間話なんてしなくてもよいが。
元気がないのが気になりました。
華の20歳前の娘さん。
女性だよ。
世間知らずもいいとこだと感じた。
それに対して何も言わない親。
恥ずかしいとすら感じてない厚顔無恥
あつかましい。
チビには空気や世間体を教えなくてはと感じた。

人のふり見て我がふり直せ。
刻みます(^^)

まだまだゆるーく逝きます(^^)