翔龍への未知。

日々感じたことを思いのままゆるーく気ままに綴ります。よろしくお願いします。

中年になってから琴線に触れるもの。

日々の暮らしの中。
心がビリビリ震える出来事ってなかなかない。
それだけ。
オトナになったのか。
鈍くなったのか。
慣れたのか。
わからない。
しかし。
映画鑑賞していて。
いつの間にか。
身体が震えたり。
涙があふれたり。
時々ある。
映像の世界。
CGとか、VFXとか。
ストーリーとか。
音楽でも。
耳から五感を刺激する。
RADIO世代だからこそ。
耳も敏感。
たまたま斉藤和義さんのライブ動画を見た。
先日の長渕剛さん。
説教くさい、押し付けのスタイル。
歌の意味、歌詞の意味。
生意気なんかなぁ。
しかし。
生意気な人がいないとあかんって思うけど。
マイセルフとか、ステイドリームくらいのがぐっとくる。
やり方いろいろあるんだろうけど。
斉藤和義さんの気負わない、自然なスタイルが琴線に触れた。
ギターの世界。
チャーさん。
布袋寅泰さん。
アコギ。
長渕剛さん。
アルフィーの坂崎さん。
神様と呼ばれる人がいる。
しかし。
肩の力抜いた。
自然体のスタイル。
奥田民生さん。
斉藤和義さん。
そんな人たちのウタが聞いていて心地よく琴線に触れる。

まだまだガンガンいきますよ(^^)