翔龍への未知。

日々感じたことを思いのままゆるーく気ままに綴ります。よろしくお願いします。

VRゴーグル。

アナログからデジタルへ。
オフラインからオンラインへ。
ゲームの世界もアーケード、家庭用含めオンラインでのゲームが当然になった。

映画も。
吹き替え洋画。
字幕洋画。
3D洋画。
そして。
その先の4DX。
体感型映画。

その先は。

世界の押井守監督。
その世界観そのもの。

VRだ。
ヴァーチャルリアリティー。
3Dの映画を見る時よりも本格的な。
ゴーグルをかける。
パソコンやスマホにつなげる。
目の前には仮想空間が広がる。
VR酔いが心配される。
しかし、それも技術の革新にて解消されるだろう。
TVの終焉もちかいのか?
TVとゲームの世界も。
VRに飲み込まれる。
VRとゲーム。
VRと脳波を刺激する装置。
セックスすらもVRでより刺激的な快感が脳を直撃するのかもしれない。

ドラゴンクエストファイナルファンタジーの立体的な3Dでの表現もすごいと思ったけど。

VRの技術は、さらに革命だと思う。

プレステから出るのは5万くらい。

しかし。
欲しいと思う。

まだまだガンガンいきますよ(^^)