読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

翔龍への未知。

日々感じたことを思いのままゆるーく気ままに綴ります。よろしくお願いします。

助手席。

車の免許を持ってると、仕事以外にもいろいろ頼まれる。
また、誰かの車でコンビニや駅や居酒屋に送ってもらったりいろいろある。

僕は同姓の人以外は助手席には乗らない。
リアシートが乗れない事情なら仕方がないけど、助手席には乗らない。
特に軽自動車なんかはね。
夜の水商売でも。
キャストの送迎には軽自動車は適さない。
下心がなくてもキャストと何か魔がさすかもしれないからだ。
夜の水商売。
キャストとスタッフ。
関係を明確にする。
大事な要素だ。

女性ドライバーの車に乗るときも、助手席には座らない。
僕はその気がなくても。
相手が魔がさすかもしれないからだ。

嫁さんの友人や知人を乗せていくとき。
他に人もいないし、リアシートも乗れるのに。
当たり前のように、助手席に乗ってくる。
僕は空気が悪くなる前に。
ごめん、後ろでと話す。

魔がさすことを、未然に防ぐために。

まだガンガンいきますよ(^^)