翔龍への未知。

日々感じたことを思いのままゆるーく気ままに綴ります。よろしくお願いします。

4年後のトーキョーオリンピックに向けて。

去りゆく夏の風物詩。
24時間テレビも終わったね。
あとは夏の余韻に浸りながら秋を迎え冬への準備や。
昨日は知人がきて、兄貴の生後2カ月のチビの記念日の後での宴。
僕は麦茶とピーチティーを片手に現場見ながら参戦。
スクールウォーズから少し前に旬のSMAPの話など。
ビジネスの話や方針など飛び出し、ヒートアップ。
改めて物事や出来事は多方向からみて吟味しないといけないと痛感。

SMAPを押し上げたイケメン木村拓哉さん。
ベストジーニストなどドラマにも主役を張る。
一方。
うたばんでとんねるずと歌番組をやり、司会者として多彩な才能を発揮した中居さん。
SMAPのアイドルの肩書きを捨て、自分は脇役に回りながら多彩なゲストの面白い面を引き出すマジシャン。
もちろん、放映されてるのは編集されたあとの部分だからそれ以外にもゲストとの軽妙なトークはあるはず。
では、木村拓哉さんには司会者として脇役に回ることができるのか?
それを一般人が見て、どちらが映えて見えるのか?
レオナルドディカプリオ。
ジョントラボルタ。
いろんな好きな男性がいる。
もちろん木村拓哉さん。
かっこいい。
良すぎるんだよ。
若い頃。
結婚された今。
素敵に熟してる。
かっこよすぎるからこそ、苦しい面もあるのかもしれない。

親にも恩師にも二枚目半か2.8枚目。
それでないなら。
やはり、3枚目を目指せと。

フットワーク軽いオトコが時折見せる真剣な眼差し。
これが意外にいいオトコ。

いいオトコの振る舞いや考え方。
改めて自問自答したい。
真剣に考えます。

仕事。
家族。
に対して真剣でいたい。
本気でいたい。

まだまだ足りません。

まだまだガンガンいきますよ(^^)

追伸。
4年後のトーキョーオリンピックに向けて。
型落ちの液晶テレビを買えるように。
コツコツいきたい。
50インチ欲しいな。
嫁さんもチビも喜ぶかな?

まだまだガンガンいきます(^^)