読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

翔龍への未知。

日々感じたことを思いのままゆるーく気ままに綴ります。よろしくお願いします。

ラブホテル。

僕のブログ。
読んでいただいている人。
男性なのかな?
女性なのかな?
年齢はいくつくらいかな?
若いかな?
中年かな?
いろいろ考えます。

さてさて。
大抵の人は1度や2度は利用したことのあるラブホテル。

最近最後に利用したのはいつですか?
若い頃は、ラブホテル利用するのに恥ずかしさがあった。
でもさ。
これは、日本人独特な感情かもしれない。
スキンシップをすることが恥ずかしいという感情があるからだ。
外国人である嫁さんの現地では恥ずかしいという感情はまったくないのだ。
日本はまだまだ家庭で気軽に性教育って雰囲気ではない。
声を潜めてやりとりをする。
そうじゃないよね。
パートナーとの大事なスキンシップ。
昨今は恋愛結婚より、見合いやパーティでの出会いでの結婚もまた見直されている。
見合い。
結婚相談所経由の結婚。
どんなプロセスであれ。
パートナーとの肌を合わせるスキンシップ。
大事なことだと思う。
体で本気で求めあうこと。
近所や家族、チビのこと。
それを考えずにパートナーとのスキンシップをするためには、ラブホテルは不可欠だ。
僕が最近利用したのは3年くらい前かな。
もちろん嫁さんとなんだけど。
中年のカップルさんが意外と多かったのが印象的でした。

若い頃は、綺麗で今風のラブホテルばかり探して行っていた。

嫁さんといくときは、自宅から最短距離のラブホテルでも充分満足できるんだよね。

家庭円満。
夫婦円満。

それには。
スキンシップは欠かせないと改めて思う。

嫁さんと新婚の頃。
DVDレンタルにいき、アダルトDVDを毎回必ず3枚借りていたこともある。
懐かしい。

人目を気にせず。
久しぶりに嫁さんとスキンシップ思いりしたいな(^^)

まだまだガンガンいきますよ(^^)