翔龍への未知。

日々感じたことを思いのままゆるーく気ままに綴ります。よろしくお願いします。

夜の街でのこと27。

恐怖の叱咤激励編。

さて、夜の街。
キャストと男子スタッフでお客様に心地よい時間と空間を演出しつくる。

週末。
キャストのバースデー。
コスプレイベント。

座れないお客様がパーキングで待ってくれたり。
キャスト以上のお客様。
空いてるテーブルで待ってもらう。

いわゆるキャストのマイナス営業だ。

グループには一対一の接客でなく、間に座ってもらいキャストには2人、3人の接客を数分間お願いする。

キャスト回しもアドレナリンドバドバ。
店長もアドレナリンドバドバ。
キャストもアドレナリンドバドバ。

僕はパニックになりながら。
キッチンとホール。
駐車場など駆け回る。
当然慌てればミスが増える。

イライラする。

そんなとき恐怖の叱咤激励。

忙しいから楽しいなー。
もってもっと店をぐちゃぐちゃにする気持ちでお客様を入れていくぞー。

気合いだ。
気合い。

(^^)

え?
まだ行くの?

駐車場で待ってくれてるお客様のドリンクと声かけ忘れるなよ。

週末。
熱い時間帯。

恐怖でしかなかった。

まだまだガンガンいきますよ(^^)