翔龍への未知。

日々感じたことを思いのままゆるーく気ままに綴ります。よろしくお願いします。

オレ流。

さて、暖かさで一気に桜の季節加速する。

桜は蝉と同じ儚いもの。

軽く見物したいなと思います。
時間あるかな?
なるべく捻り出したいです。

さて。
僕には父も母も他界している。
父上様も。
母上様も。
生きてはいない。

そのことに。
先祖供養しても。
何も変わらない。

先祖供養したくないって話じゃなくて。

月命日なんて。
故人が命の灯が消えた日を毎月しのぶ。
宗教的な話じゃなくて。
仏教的観点から成仏した日を重ねると功徳
あるのかもしれない。

それでも。
僕は命の消えた日に故人をしのび悲しむよりも、もっともっと僕自身が忘れちゃいけないものがあるような気がしてならない。

恥ずかしい話。
中年になるまで気づけなかったこと。

それは父上様。
母上様。
2人が仲睦まじく出会わなければ僕は今いないのだ。

だからこそ。
だからこそ。

命の灯が消えた日ではなく。

父上様が生を受けた日。
母上様が生を受けた日。

これを忘れちゃいけないと思っています。

僕の誕生日。

いずれも。
父上様と母上様に感謝する日。

これがオレ流。

もうすぐ父の誕生日。

数日間。
いろんなことを偲びながら、また新たな気持ちで。
ありがとうという気持ちで過ごしたいです。

まだまだガンガンいきますよ(^^)