翔龍への未知。

日々感じたことを思いのままゆるーく気ままに綴ります。よろしくお願いします。

夜の街でのこと21。

キャストと話すこと恐怖編。

夜の街で。
キャストはネタでありキャストを生き生きと輝かせるのも、暗い表情で接客をしてもらうのも紙一重なんだよね。

キャストをどうやる気にさせるのか?
キャストの魅力をどう引き出すのか?

それは男子スタッフの仕事。
テーブルで気持ちよく楽しく仕事をしてもらうために。

キャストとの距離を縮めることで、お客様が入店したときの男子スタッフの対応の参考にお客様情報を仕入れるのだ。

キャストとジョークをはじめ。
笑わせることにも気を配っていた。

しばらくして。

キャストから面白いスタッフと言われるようになるまでに道化師をした。

しかし。

オーナーは。
えぐい。

キャストに男子スタッフの様子を聞くのだ。

キャストの目線からみてどうかを。
そのキャストが素直に話すかどうかも同時にチェックできる。

キャストからの評価。
面白いスタッフ。
それだけだった。

店長には叱咤激励された。
キャストともっとジョークやりながら仕事をしてもらうための誘導の話をしないと何やってるかわからんよ。

図星だった。

キャストと話すこと恐怖だった。

まだまだガンガンいきますよ(^^)