翔龍への未知。

日々感じたことを思いのままゆるーく気ままに綴ります。よろしくお願いします。

夜の街でのこと17。

鍵束の恐怖編。

スタッフになり経験を重ねる。
っていうか。
失敗と叱咤激励の嵐(^^)

いろいろうまく動けないもどかしさ。
気持ち。
身体。
ついていけない。

毎日。
自分の自身と向き合い。
理想と求められている動きに対して動けないもどかしさ。
毎日苦しかった。
もちろん、できると信じ叱咤激励してるほうが何倍も苦しいことをそのときは理解できていなかった。

夜の店。

鍵束を渡されていた。

念のため持っておいて。

シャッター。
エントランス。
事務所。
金庫。
店車。
男子スタッフの寮。
キャストの寮。
店の倉庫。
店の裏口。

普通のキーケースじゃ足りない。
鍵束のがいいよね。

鍵束を渡されていた。

増えていく鍵。
増えていく責任。

少しずつ見えないプレッシャーに押しつぶされそうだった。

まだまだガンガンいきますよ(^^)