翔龍への未知。

日々感じたことを思いのままゆるーく気ままに綴ります。よろしくお願いします。

夜の街でのこと11。

それからしばらくして。
今度は店長からまた叱咤激励があった。

店が暇な時間帯に男子スタッフは何をするのか?
キャストは暇な時間帯に何をするか?
店のラストの時間帯。
お客様が数卓なら片付けながら各自それぞれ明日の営業に向けて何をするか?

それぞれ考えましょうと。

ミーティングでのことだ。

ヒントは出すが答えはない。

さらに。
となりのテーブル。
同じテーブルで仕事をしようとも、仲間でありしかしライバルだとも。

弱肉強食なのだ。

そんなわけで。
自分なりに課題をもっての毎日の営業。

まずは、キャストの戦場であるテーブルを研究。
それぞれのテーブルから見える景色。
見えない景色。
カラオケのモニターの位置関係。
そしてスタッフがどんな風に映るのか?
それには、理由がある。
指名が重なったお客様をご案内する際に、前に入っているお客様から見える位置だとキャストは安心してテーブルの仕事に集中できないからだ。
またスタッフから見えにくい位置だとスケベなお客様の生贄になってしまうからだ。
テーブルの位置関係は営業がスタートした瞬間からキャスト回しとホールスタッフの腕の見せ所なんだよね。

まだまだガンガンいきますよ(^^)