翔龍への未知。

日々感じたことを思いのままゆるーく気ままに綴ります。よろしくお願いします。

夜の街でのこと4。

夜の住人だった過去。
しかし、僕は酔っ払いが大嫌いだ。
酒呑みが大嫌いだ。

しかし、夜の住人だった。

矛盾してる?
そうだよ。
でも、そんなことかんけーねー(^^)

自分が嫌いな人達に楽しんでもらう仕組みや店づくりをしていた。

最悪だった。
最初割り切れなかった。
酔っ払いの心理がわからないから。
戸惑った。

しかし、仕掛けや仕組みがうまいことピンポイントで花が咲けば最高の気分だった。

鴨ネギ。
お金が目の前にあるみたいで。
まとは気持ちをココロをつついていけばすぐにお金が落ちる。

ある種そんな人達を小馬鹿にしていた一面がある。
酒呑み。
嫌いな人達とのビジネスが始まっていた。

しかし、反面教師として学ぶことはいくらでもあった。

まだまだガンガンいきますよ(^^)