翔龍への未知。

日々感じたことを思いのままゆるーく気ままに綴ります。よろしくお願いします。

高望みと環境。

チビの子育て。
難しい。
スポーツ万能まではいかなくても、それなりにいろいろできてほしい。
人並みに。
また。
一方で、ピアノやエレクトーンなんかもやれたら一芸。
賢い。
ズル賢いんじゃなくて。
賢いヒトになってほしい。
高望みかな?
与えられたものだけじゃなくて、そこにエッセンスというか一工夫して遊ぶ。
できないから遊べないじゃなくて、あるもので遊びをクリエイトしてほしい。
紙と鉛筆があれば落書きも丸罰ゲームも。

それを突き詰めていき究極はさ。

センスなんだよね。

センスといえば。
学校で、ヨーイどん。
で机並べて始めたはずなのに。
明らかに差がつく。
キャラクターにもよるけれど。

僕は幼稚園のとき必ず毎日遊ぶ友達三人組がいた。
他の子とも遊ぶけど彼らとが楽しい。
幼稚園の発表会。
主演を張った。
三人組で。
伴奏はやはりいつも得意な女の子。
それは小学生も中学生も同じ。
センスがあるか?
光るものがあるか?
結局センス。

それをどう育むか?
親の背中を見るんだよね。

勉強できるやつって親にガミガミ言われて机に座らないよね。
僕の小学生時代、遊びに行くと必ずまず宿題やるから待っていてと。
みんなが続々集まる中。
宿題をまずやる友人。

それだよ。

すすんでやるんだよ。

まだまだガンガンいきますよ。