翔龍への未知。

日々感じたことを思いのままゆるーく気ままに綴ります。よろしくお願いします。

大切なことを見失わないために。

ヒトは1人では生きていけない。
仮に1人で生きていても味気なくつまらない。
だからこそ、いろんな人に関わりながら刺激し影響しながら生きていくことで1人ではない何倍もの充実感があるのだと思う。
もちろん他者と関わることでムダな時間やお付き合い?なんかも増えるかもしれない。
そこは、自分の気持ち次第。
負の要素をとらえて、プラスの要素に変える見方をする。
そこに意地悪なズルイ計算や、ギブアンドテイクな気持ちがよぎらないとよい。
現実なかなか難しいんだけれど。

大切なことを見失わないために。

まずは1番簡単なことから。
それは。
それはね。
話してる人の話をしっかり噛みしめてよく聴くことだ。
耳を十四にして心で聴くのだ。
耳を傾ける。
そうすることで、自分にとってヒントやプラスになるかもしれない。
これは今すぐにできる。
簡単なこと。
これが、なかなか難しい。
年齢があがると柔軟に対応することができない。
体を柔らかくして話しを聴く。
そうすることで、話も表情も染み込んでくる。
罠をしかけたり騙したり陥れようとしたりね。
それもよく聴くことで未然に防ぐ。
聴いた話をよく吟味して、いらないのは流せば良い。
必要なことだけを取り出す。

次は。
仲間や友人を大切にすること。
特に駄目出しをしてくれる友や仲間は大事だ。
年齢があがればあがるほど正面からちゃんと注意したり叱ったり諭したりしてくれる人がいなくなる。
叱る時には当然笑う時以上の何倍もの力が必要だからだ。

ヒトだから間違いをすることもある。
しかし、その後どう動くか?
改善するために、どれだけ努力し必死になるか?

もしかしたら今までの生き方や考え方を否定されるかもしれない。
しかし、過去だから捨ててよいのだ。
大事なことは、今とこれからだからだ。

年齢があがるとなかなか変われない。
変わるには。
自分と向き合わなければならないからだ。

しかし、それはチャンスでもある。
変わる自分を楽しまなくては。